乾燥肌とは

乾燥肌とは皮脂の分泌量の減少や皮膚の角質から水分が減少しているような状態のことを呼びます。皮膚の水分は、日常、汗や皮膚の呼吸により、自然と蒸発されています。そのため、天気が乾燥している場合には、肌の水分を奪われやすくなり、肌に十分とされる水分がないと、乾燥は進むことになります。

年を取るほど、肌の潤いがなくなりがちになり、乾燥が進むと老化現象も進むと言われています。年とともに皮脂量が減ることも原因であるとされています。乾燥肌になってしまうことで、肌は刺激を受けやすい状態になり、紫外線や、アレルゲンの予防に効果を表さず、刺激に弱くなってしまいます。乾燥肌は角質細胞の水分不足でおこりますから、日頃から角質細胞に水分を十分に与えることが重要となってきます。角質細胞は一つではなく、肌の中にたくさん並んでいる状態です。角質細胞はセラミドが主な成分となっているのですが、脂質など、他の物質と共同して、水分を取り込む作業を行っています。

肌の表面に水分がなければ取り込むことができませんから、毎日のスキンケアで水分を与えてあげなければ角質細胞に水分を補うことができません。中には水分不足だけではなく、皮脂欠乏症とよばれる、病気である場合もあります。ひじやかかとがひび割れて固くなってしまう人は皮脂欠乏症である可能性が高いとされています。乾燥対策としては、日々肌に水分を補い、保湿をすることで大抵の乾燥肌は治すことが可能です。

乾燥肌の原因


肌には自然に保湿をする成分が備わっています。ですが、自分自身の肌のサイクルがうまく働かなくなると乾燥肌を呼び起こしてしまうのです。乾燥肌を呼び起こす原因としては、食事や生活が不規則である場合です。食事はとても重要で、特に女性の場合、極端なダイエットにより体の中から乾燥体質になってしまい、体を守るための皮脂を全く作り出せない状態になっている場合があります。

毎日、紫外線を浴びるような仕事場である場合や、エアコンや暖房器具が使われている職場である場合、乾燥肌は進みます。肌の水分が奪われてしまう状態で日々生活するわけですから肌の乾燥が進んでしまうのです。他にはスキンケア方法を間違えている場合にも乾燥肌は進みます。夏場は特に暑いため、スキンケアに手を抜きがちで、化粧水をさっとつけて終わりという人も少なくありません。

スキンケアで、肌に十分な水分を補い、たっぷりと肌に水分を吸わせ、クリームなどで蓋をすることでスキンケアは完了です。汗をかいているため、乾燥肌に気が付かない場合が多いのですが、汗で水分が流れ、エアコンで肌が乾燥にさらされた状態ですから、気が付いた時には肌の乾燥が進み改善するまでに時間がかかってしまう状態になりかねません。毎日の乾燥肌対策により、乾燥の原因から肌を守ることが大切となってきます。原因を排除することができない場合もあるため、毎日の乾燥肌対策により、少しでも肌を刺激から守るようにしましょう。